美容食品の優等生 毎日の食事に大豆を!

大豆にはたくさんの栄養素がバランスよくつまっています。
特に女性にはうれしい成分が一杯です。まずはイソフラボンというポリフェノールの一種です。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、老化防止に効果的なのは有名です。ポリフェノールの種類は5000以上といわれており、それぞれ働きに特徴があります。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをするため、ホルモンバランスを整え、肌の状態を良くする効果があるのです。
また骨からカルシウムが溶けだすのを防ぐ働きもあり、骨粗相症のリスクの高い女性にはまさにうってつけの食品です。次に大豆レシチンです。レシチンには血液中のコレステロールをコントロールして血流よ良くする働きがあります。
また、神経伝達物質のアセチルコリンの生成に必要で、記憶力、集中力のアップ、認知症の予防などが期待されます。加えて美容に欠かせないビタミンAやビタミンEの吸収を助ける役割を果たします。

そして大豆サポニンです。サポニンには、不飽和脂肪酸が変質してできる過酸化脂質を排出する働きがあり、動脈硬化、血栓、老化の予防に役立ちます。
このように、また、腸内の老廃物を洗い流す働きもあり、便秘や大腸がんの予防にも役立ちます。
大豆にはこの他、必須アミノ酸を含んだ良質なたんぱく質、鉄、マグネシウム、葉酸など、身体の調子を整えるのに必要なたくさんの有効成分が含まれているのです。

しかもコレステロールを全く含まないのです。しかし、大豆が美容食品として優れているのはそれだけではありません。大豆からは様々な加工食品が作られます。
醤油、味噌、納豆、豆腐、油揚げ、厚揚げ、がんもどき、きな粉。どれも日本人の食事に馴染みの深いものばかりで、毎日の食事に簡単にとり入れることができます。
しかも低カロリーで高たんぱく、ダイエットにも最適です。ご飯とお味噌汁、冷ややっこ、納豆は旅館でもお馴染の日本の伝統的な朝食です。こんな当たり前の食事で美しい肌と健康な体が手に入るのです。

こんな優等生の大豆ですが、ビタミンCは含まれません。なので、お味噌汁の具にほうれん草やかぼちゃを使い、食事には発酵食品、高菜や野沢菜の漬物やぬか漬けなどを添えるとよいです。
そして食後に果物を食べれば完璧です。その果物も、エストロゲンと同じ成分を持つザクロジュースで代用すればさらに美容効果が上がります。

美容は毎日の食事から。大豆は美容の見方です。

他にも肌の汚れをキレイにしてくれるアイテムがあります!

エマルジョンリムーバーというアイテムをご存知ですか?

エマルジョンリムーバーは肌の根本からしっかり汚れを落としてくれるのです!
詳しい情報はこちらからどうぞ▼
http://www.redefinepossible.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です